【舞台出演情報】

“永遠のしずく”
~アルチュール・ランボーをめぐる言葉と音の放浪~
<2018 南青山マンダラ・実験パフォーマンスシアター>

【日時】
2018年 7月10日(火)
18:30 開場/19:30 開演
【料金】
一般 3900円(1D別)
学生 2500円 (1D別)※要学生証
【出演】
聖児セミョーノフ   
山田亮太/カニエ・ナハ/関口文子/永澤康太/三好 駿(piano)
構成・演出:玉塚 充
【会場】
南青山MANDALA

〒107-0062 東京都港区南青山3-2-2 MRビル TEL:03-5474-0411

【予約・お問い合わせ】
南青山MANDALAのHP http://www.mandala.gr.jp/aoyama/ にてチケット予約受付中。

お問い合わせは TEL:03-5474-0411 まで。

アルチュール・ランボーの詩に曲をつけたオリジナル曲からシャンソンの名曲まで。

聖児セミョーノフを主演に迎え、現代詩人たちによるポエトリーリーディングや声のパフォーマンスを交えつつ、ジャンルの垣根をこえた表現の世界をお楽しみいただきます。

聖児セミョーノフと若き詩人たちが、ランボーとヴェルレーヌの「ブリュッセル事件」からちょうど145年後の夜を飾る、一期一会の音楽舞台。